大阪の業者へ依頼しよう|引っ越し作業は早めが肝心!手続きで慌てないためのコツを伝授

お得な価格で引っ越しをする方法~大阪の業者をお得に利用~

細かい荷造りや日程調整は早めに行おう

引っ越しでは荷造りをして搬出を行い、新居に搬入するという作業が必要です。細かい荷造りや関連する日程の調製はできるだけ早めに行っておくに越したことはありません。引っ越し日を確定してしまわないと業者を予約することができないからです。安く引っ越しをするには業者の比較も大切であり、多くの業者がある大阪では特に切実になります。

大阪の業者へ依頼しよう

男女

不用品の処分はどうする?

引っ越しのときには不用品が出てきますが、その処分方法はよく考えなければなりません。ゴミとして捨てるにも粗大ゴミとなると処分料がかかります。処分業者に依頼しても費用がかかることになるため、お金にしようと考えたらリサイクルショップや買取店を利用するのが重要です。個々の不用品の専門の買取店に持っていけば価値のあるものであれば高く買い取ってもらえます。値段が付かないものでもリサイクルショップでは引き取ってくれることがほとんどです。また、引っ越し業者の不用品引き取りサービスを利用することで引っ越し当日に処分することもできます。

引っ越し費用にかかる内訳をチェック

業者に連絡して見積もりを取ると引っ越し費用の内訳を示されます。基本料金、車両留置料、実費、オプション費用といった内訳になっているのが典型的です。荷物の量に応じて適切な車両を選び、それに基づいた基本料金が課せられています。基本料金は国土交通省と業者によって金額の範囲が定められているのでそこからの逸脱はありません。ただし、土日などには割増料金が課せられます。車両留置料も同様であり、長距離の場合にはかかりやすい費用です。実費やオプション費用については個々のケースで異なりますが、業者によって自由に決められています。

安い時期に引っ越しをすればお得になる

引っ越し費用の節約をするためには安い時期を狙うのも重要です。大阪では特に繁忙期となるのが3月と4月であり、それに続いて高いのが10月頃です。あまり引っ越しをする人がいない5月から7月や11月から1月は比較的安くなっています。仕事などの都合で繁忙期は避けられないという場合には仕方ないですが、新居に移るのがいつでも構わないという場合には閑散期を狙うと引っ越し費用は節約可能です。一ヶ月ずれるだけで費用が大きく変わる場合もあるので、荷物は残したままウィークリーマンションなどで生活して閑散期になってから引っ越すのも節約につながる場合があります。