必要なことは事前に把握|引っ越し作業は早めが肝心!手続きで慌てないためのコツを伝授

手続きは前もって確認~引っ越し準備で忘れてはいけないこと~

必要なことは事前に把握

男の人

引っ越し前にしておくべき手続き

引っ越しをする前の手続きとして転出届を役所に提出するのは必須です。福祉に関わる健康保険や介護保険などの手続きも役所に行ったときに合わせて行っておくと手間を省くことができます。一方、ライフラインについても停止して次の場所で開通できるように手続きをしておかなければなりません。電気、水道、ガスについては引っ越しの日を指定すれば停止することができ、引っ越し先でも着いた日から利用できるようにしてもらえます。また、郵便物の転送手続きや固定電話の取り外し、インターネットの解約や変更の手続きも行っておく必要があります。

引っ越し当日やその後も手続きすべきことがある

引っ越し当日には大きな手続きはありませんが、引っ越し業者とのやり取りをするために梱包ができていてお金が用意されているかを確認する必要があります。引っ越しを終えたらガスを開栓するための立ち会いの手続きをしなければならないでしょう。また、手続きというほどはないものの、隣人への挨拶も引っ越しをする上では重要なプロセスです。一方、転入届の提出も引っ越しをしてから14日以内に行うことが義務付けられています。その後も手続きとして住所変更をすることが大切であり、クレジットカードや各種保険、マイナンバーなどの様々なものが対象です。

要らない家具の引き取りも依頼可能

引っ越しをするときには要らない家具がでてきてしまうこともあります。このときに引っ越し業者とは別に処分業者に相談することもできますが、引っ越し業者がオプションサービスとして引き取りを行ってくれることも多くなりました。このサービスを利用すると手続きの数を減らせるので引っ越しの手間が少なくなります。その引き換えに少し割引をしてくれる場合もあるので、不要な家具や家電があるときには相談してみるのが得策です。

引っ越し手続きに関するQ&A

手続きを忘れたらどうすべきですか

引っ越しに関わる手続きを忘れてしまったときにも、後から行えば大丈夫なものがほとんどです。すぐに行わないと新生活に苦労する場合がありますが、該当する役所や業者などにすぐに連絡を取れば対策を説明してくれます。引越し前で手配しなければならない書類なども取り寄せてもらえる場合があるので、慌てずに連絡するのが肝心です。